LOG IN

日本クリプトコイン協会3周年記念シンポジウム後篇

by 福室 貴雅

少し時間が経ってしまいましたが、シンポジウムの後篇をレポート!

基調講演

トップバッターは株式会社ハウインターナショナル 代表取締の正田英樹様

実はこちらの会社は、もしかしたら皆様も使われたことがある「近鉄ハルカスコイン」等を開発されている会社です。その他、世界的規模で下記のような魅力的なプロジェクトを立ち上げております。

特に個人的に面白いと思ったのは、最後のハッピーコイン(仮)。VALUが世間に問うている、評価経済社会をグローバルかつもっと実生活に根差した魅力的なプロジェクトなので、今後の開発に大注目しております。

また、今は仮想通貨とブロックチェーンを取り巻く状況はインターネット黎明期みたいなものと似ていて、ビットコインだけでなくイーサリアムを含めて、まだまだ序の口これからもっとものすごいことが開発され実装するとお話しされておりました。


続いては、税理士法人漆山パートナーズ代表の漆山伸一様

こちらの会社は報酬をビットコインで対応しております。今年度は「仮想通貨の申告元年」ということで、ご自身で実践し、検証しているとのこと。具体例を交え色々勉強になるお話が聞くことができました。


最後は、日本クリプトコイン協会の山下代表

私は、山下代表のとお話しさせてすることも多いのですが、山下代表と正田社長が描く「仮想通貨とブロックチェーン創りだす未来」は、共通していることが非常に多いということがわかりました。
もちろん私も同じ将来が見えてますよ(笑)


その他、現役大学生の片岡さんの「ビットコイン×募金」のゲスト講演、パネルディスカッションと続き、シンポジウムは閉会となりました。


次回は、私も登場。
コンベンションレのポートをお届けいたします。



福室 貴雅
OTHER SNAPS